HOME
山遊び
Poor Gallery
山遊びblog
2009年3月20日〜22日

アルパインクライミング
八ヶ岳 赤岳西壁主稜

同行者: TK氏、H氏、他3名

3月三連休は八ヶ岳に行ってきました。

入山日と登攀日初日は天候にめぐまれ、快適でした。

行程
1日目:美濃戸口10:00〜11:30美濃戸12:00〜15:20赤岳鉱泉 
2日目:赤岳鉱泉6:00〜8:00主稜取り付き〜登攀開始10:00〜15:20赤岳山頂15:40〜17:30赤岳鉱泉
3日目:赤岳鉱泉8:30〜10:00美濃戸10:30〜11:40美濃戸口

美濃戸口への道は氷と深いワダチで車高の高い四駆じゃないとちょっと厳しかったです。ので、歩き・・・(´Д`;)

美濃戸山荘はお茶を求める人でにぎわってました。野沢菜のサービスもらいました。
以前よりボリュームが減ったそうな。

美濃戸山荘を過ぎると、八ヶ岳の稜線が眼前にはっきり見えてきました。
大同心は岩峰というより、巨大な岩塊で大迫力です。

途中の登山道は、先日の雨でがちがちの氷の道になっていて、アイゼンはいていなかったので、苦労しながら時間かけて登りました。ほんと氷河を歩いている感じでしたよ。

やっとの思いで赤岳鉱泉に到着です。名物アイスキャンディーで遊んでいる人もいました。

のんびり入山だったので(ていうか、美濃戸まで車でいけなかったので)、テン場に到着した時には
もう一杯でした。奥の木の蔭に設営することになりました。
一泊一人1000円でした(高っ)。6人×2泊=12,000円。。

アイスキャンディは利用料と登録料とで1500円かそこらとられるらしいです。宿泊客優先。
なので、写真撮るだけで我慢でした(´Д`;)

翌日、赤岳主稜登攀組と赤岳登山コース組に分かれて出発です。

ちょっとゆっくり目だったので、周りは出発した後でした。

行者小屋にくると、遮るものなく赤岳が正面に見えます。文三郎コースを進むパーティがたくさん見えます。

行者小屋から文三郎コースをたどり、ルートが良く確認できます。赤線が今回のルート。

文三郎コースから外れて取り付きまでトラバースです。取り付きはすでに渋滞しているのが見えます。。
トラバースはツルっといったらピューっといっちゃいそうで、ドキドキです。

取り付きについて、ここから2時間待ちでした。。
日陰で寒くて、ダウン羽織りました。
途中で、客付きガイドさんがやってきて、
「2名ですが、さっさと行くので先に行かせてください!」
と言われたので、先に道を譲ったのですが、あっという間に駆け上がっていき、本当にさっさと行かれました。

文三郎コースのギャラリー。阿弥陀岳をバックになんともかっこよかったので、パチリ。

1ピッチ目の核心となるチョックストーンはバイルを周辺の氷に打ち込んで、大きめのホールドを探り乗り越えていきます。チムニー状の岩場を越えて、ピッチを切ります。
2ピッチ目はしっかりホールドとスタンスのある小フェイスを難なく越えて、簡単なミックス稜をいきます。
混んでいたこともあり、こまめにピッチは切ってます。

3ピッチ目も引き続き簡単なミックス稜を進みます。
前も詰まっていて、スタカットでのんびり行きましたが、小フェイスを越えたら、コンテでぐいぐい進めます。
振り返ると阿弥陀岳が目の前に飛び込んできます。

4ピッチ目となる階段状の岩場を越えていきます。ホールドも大きくしっかりしていて、特に困難なところはありません。

5ピッチ目、雪稜となり、ビレイポイントが取りにくいので、傾斜もさほどきつくないため、ロープいっぱいで進めます。
今回は、前もつまっていたし、ピッチ切っています。

6ピッチ目。ルンゼの中央を先行パーティの後からガシガシ登って行ったのですが、僕が登り切ったあと、上部パーティからの結構大きな落石が。 落石はルンゼ中央に沿って飛んでいったあと、文三郎側のルンゼに落ちて行きました。そのあと、セカンド以降ルンゼ右岸山側に登攀。僕に登ったときに落石があったらと考えるとぞっとしました。

7ピッチ目、上部の核心です。ここでも1時間近く待ち行列。凹角を右上ぎみに登って、左上のコルに出ます。ランニングが取りにくいところもあり、苦労します。また、下部と比べて、もろいところが多かったような印象です。

このあと、8ピッチ目として、雪壁を進み、チムニー状になったところを越えてピッチ切ります。
ここのピッチで意志の疎通がうまくできていなくって、もたついてしまいました。7ピッチ目の核心を越えた後、ロープの流れを考えると、すぐにピッチを切ったほうだ良さげです。しかし、そうすると、次の雪壁の途中でランニングを取りにくく、8ピッチのチムニーを越えた後のビレイ点まで50mのロープが届きませんでした。チムニーのところに残置ハーケンがあるので、ランニングを取ってビレイポイントまで伸ばすまで、コンテのほうがよかったです。

9ピッチ目はミックス稜をコンテで登ります。が、新しいロープがキンクしまくって最後もつれた状態で、抱きかかえてのフィニッシュです。「感動の美しくない登頂」でした^^;

我々の後ろは1パーティしかなく、先行パーティはさっさと下山していて、山頂は貸し切り状態でした。
残念ながら遠方の山並は霞がかって見えませんでした。

山頂から見た阿弥陀岳です。登攀中、背後にそびえていましたが、見下ろす感じで見渡せます。

赤岳からの急斜面を慎重に下ります。さすがに稜線にでると時折強風が吹いていました。とはいえ、恵まれた終始快適な登攀ができました。

地蔵尾根を下って行きます。樹林帯までは風も当たりますし、急斜面ですが、雪も腐ってはないので、順調に下って行きます。樹林帯に入ったところで、遅めの昼食を取りました。

赤岳鉱泉に戻って、また山並みを見ます。大同心が夕日を浴びて雄々しい容姿が浮かび上がらせています。写真には写ってませんが、下部には大同心大滝も凍って美しく迫力のあるブルーアイスが樹林帯の向こうに見えました。

翌日は、これまたのんびりと起きて下山します。周りはほとんどすべてすでに撤収済みです。

下山はスムーズに降りることができました。橋がナイフリッジとなっていて、実はこれが一番怖かったり。

下山中は雪から雨に変わり、びっしょり濡れてしまいましたが、駐車場に着くころには雨も上がってました。

ちょっと登攀最中、連携というところでもたついたところもあり、意志疎通をきっちり行って安全にいきたいです。
また、早出早着、ゆとりある計画で進めていきたいです。
とはいえ、登攀中はとても天候に恵まれ、かなり満足でした(・∀・)

HOME
山遊び
Poor Gallery
山遊びblog

 

inserted by FC2 system