HOME
山遊び
Poor Gallery
山遊びblog
2007年10月7日(日) 快晴!

仙丈ヶ岳
北沢峠〜大滝頭〜小仙丈ヶ岳〜仙丈ヶ岳〜仙丈小屋〜
馬の背ヒュッテ〜藪沢小屋〜大滝頭〜北沢峠

同行者:flylifejpさん

4:30 起床

4:00予定が若干寝坊です。まだ回りは真っ暗ですが、たくさんのヘッドライトが動いておりバリバリ明るいです。

朝ご飯を食べて、荷物まとめます。

すでに出発しようとしているパーティもあり、夕方6時よりも全然にぎやかですよ(´∀` )

5:35 長衛小屋 出発

仙丈ケ岳に朝日が当たってます。今日はメチャ快晴!

5:48 北沢峠

まだ若干薄暗い山間を通っていきます。

木漏れ日の中、樹林帯をすすみます。

6:39 三合目

この山でよく目にしたのが、「ゴミを持ち帰ろう」みたいな看板です。

どこの山にもありますが、なんかおおいなーと。錯覚かもしれんが。

6:49 四合目

3合目からは結構急登が続きました。大山5合目レベルの。

7:07 大滝頭

大滝頭です。五合目?滝が見えるんかと思ったら見えんかった(´・ω・`)

振り返ると甲斐駒ヶ岳の山容がくっきりはっきり見えます(´∀` )
駒ヶ岳の後には雲海も広がって、とてもキレイでした。

鋸岳の向こうには赤岳も見えてました。

下を見るとテン場が見えましたー。

こあたりからは、木陰には霜柱が無数に立っておりました。
わざとに踏んで歩いたりして、ザクザクと小気味いい音を楽しんでました。

8:04 小仙丈ヶ岳

小仙丈ケ岳です。昨日の疲れもあったのか、3合目から続く登りは結構長く感じました。

カールには紅葉も広がっています。紅葉最盛期には少し早かったカナという感じ。

仙丈ケ岳方面を臨みます。まだまだ距離はありますが、快適稜線歩きを期待してもう一分張りです。

真っ青な空に稜線がくっきり映えます。

富士山も昨日より大きく見えましたよ(´∀` )

仙丈ケ岳に続く道はアップダウンも少なく、快適でした。

天気も見晴らしも良くて、北アルプスもはっきり見えました。

遠くから見ると槍って本当にランドマークって感じしますねー。

山頂より手前のピークを登って振り返ります。ココにも三角点があるんですね。
ここからだと駒ケ岳が低く見えますねー。

9:15 仙丈ヶ岳 山頂

山頂到着ですー。多くの人で賑わっていて、山頂碑も順番待ちでした。

天気も良くて、360°大パノラマです!

9:47 仙丈小屋

しばらく山頂で景色を楽しんだ後は、仙丈小屋で昼食です。

どの色も鮮やかで、気持ちいいです。

ただ、仙丈小屋直下の水場は周辺が凍り付いていたりと、かなり気温は低かったようです。

甲斐駒ケ岳を目指すように下っていきます。

ココから藪沢に向かって下っていきます。

10:51 馬の背ヒュッテ

きれいな小屋でした。ワイヤーで木と結び付けていました。雪対策なのかな?

11:02 大平山分岐

こっから沢筋ではなく、大滝頭に向けてトラバースします。

11:09 藪沢小屋

ここもワイヤーで固定してました。冬は雪がすごいんだろうなー。

11:27 大滝頭

13:00にバスが出る予定で、それにあわせた登山者達でごった返していました。

九十九折を下っていきます。

11:56 三合目

四合目スルー(´∀` )

12:10 2合目 テン場分岐

2合目からテン場に続く道があります。そっちから下りることにしました。

12:36 北岳みはらし台

見晴らしというか、隙間で覗き見って感じ。

無事下山できましたー(´∀` )

12:40 長衛小屋 テン場着

テントを撤収して、15:00のバスに乗れるよう、バス停に向かいました。

天気も良くて、めちゃめちゃ良かったです。

14:00 北沢峠発

バス停に到着すると、すでに長い列が出来ておりました。
14:00は運行スケジュールに無かったのですが、臨時便が出ていて、運良く定員ギリギリ乗ることが出来ました。

帰りのバスで途中に戸台大橋のところで、ヘルメットも持っていた3人組が乗り込んできました。
後で調べたら、鋸岳の縦走が出来るそうですね。
しかも、最近整備されたらしく、めちゃめちゃ困難なルートではなさそう。 いつか行ってみたいっす。

今回は初めてのテン泊山行でしたが、ベースキャンプで空身だったので、体力的にも楽でした。
次のテン泊山行はどこかなー(´∀` )

10/6〜7
1日目:甲斐駒ヶ岳、2日目:仙丈ヶ岳、おまけ

 

カシミールデータ:仙丈ヶ岳

HOME
山遊び
Poor Gallery
山遊びblog

 

inserted by FC2 system